seo4

ハピネス、第25回BIFFに参加

映画祭で作品が認められていれば、映画作家としては大きな名誉である。 実際、映画作家が国際的なシーンに入るのには、一番良い機会の一つだ。 幸い、7〜15日に行われる第25回釜山国際映画祭( BIFF )には、さぶ監督の幸福映画が含まれている。 Happiness (2016)  幸福は、不思議なヘルメットを持っている神崎について語る映画で、人生で最も幸せな瞬間をすべて見ることができます。 ヘルメットのボタンを押した直後、彼は長い間忘れていた女性を覚えていた。 その後、彼は町を歩き回って彼の素晴らしい経験について話します。 その後、街全体でヘルメットを使用した経験がありました。  誰もが幸せな生活を送るべきですよね?まあ、神崎は逆です。幸せで満足する代わりに、彼は反対を感じました。 さぶ 1986 年に映画デビューを果たした日本の俳優・監督。 彼はこの日までに20本の映画も監督した。 彼の最も大きい達成の 1 つは彼のフィルム、第 65 ベルリン国際映画祭の主要な競争セクションで Chasuke の旅行が選別されたときにあった。 彼の作品の一部を紹介します: The Ashes of My Flesh and Blood is the Vast Flowing Galaxy (2020)  ダンシング・マリー (2020) うさぎドロップ (2011) Miss ZOMBIE (2013) 祝福の鐘 (2002)  ポストマン・ブルース (1997) 釜山国際映画祭とは 釜山国際映画祭( B I FF )に詳しくない方は、毎年韓国釜山海雲台区で開かれる映画祭だ。 1996 …

ハピネス、第25回BIFFに参加 Read More »

日本のインディーズ映画産業

長年にわたり、日本の映画産業は国際的にも認知されてきました。 実際、米国、カナダ、中国に次ぐ世界第 4 位の映画市場は、この国の映画産業です。 アメリカ映画は非常に人気が高いが、ハリウッド映画は日本市場を支配しているわけではない。 しかし、主流映画の支持が圧倒的に大きいとしても、日本のインディーズ映画産業はコーナウイルスの発生により、非常に大きな欠点を経験している。 東京のインディーズシネマを救うキャンペーン  安倍晋三首相が国家の緊急事態を宣言したことで、全国の映画館はすべて閉鎖された。 このため、多くの影響力のある映画作家が、苦闘するインディーズ映画産業を支援するためにできることをしている。 4 月 6 日、政府が緊急金融支援を行うために、「 #Save the Cinema 」というタグを付けてキャンペーンとオンライン請願書が開始されました。 映画のような多様性のハブである独立した芸術家の劇場は、特に、ある、絶滅に直面している危険に、ある。 ミニシアターは国内のどこにでもあり、日本の映画文化の中心となっています。 それらは娯楽のために公正でない… この施設は、美術館、演劇劇場、コンサートホールなどの民主社会にとっても重要なものです。キャンペーンのプロジェクト責任者は次のように述べています。 また、関西には、 COVID-19 発生による損失資金を生み出すための T シャツ販売キャンペーンを開始した、多数のインディー生産グループがある。  それにもかかわらず、あなたが点検するべきである独立したフィルムのいくつかはここにある: H Story (2001) 諏訪信弘監督の作品で、ヨーロッパ文化に非常に魅力を感じている。 H Story は、ドキュメンタリーとフィクションの組み合わせで、過去を記憶しようとしているヨーロッパの女優を特集しています。 空の穴 (2001) 世界についての知識が豊富な少女と孤独な少年との間に、予想外の関係があるという話をする熊切和義監督の映画。 Border Line (2002)  孤独と絶望を経験している3人の人生を物語にしたいという日韓のイ・サンイル監督の作品です。 六月の蛇 (2002)  それは、有罪、情熱、エロティックな主義、結婚した女性を嫌がらせした男について語る塚本慎也監督の映画です。 Happiness (2016)  それはあなたの生命の最も幸せな時を見ることを可能にするヘルメットを持っている人の物語を告げる Sabu によって指示されるフィルムである。 彼は忘れられた瞬間を教えて村を歩き回っているが、後でその逆を感じている。 前述したのは、この国のトップのインディペンデント映画の一部に過ぎない。深く見てみると、実は人生の現実を語るインディペンデント映画がたくさんあるのです。  

映画作家としての道をスタートする

映画、制作、映画制作を愛する、または勉強する場合、最初に知っておくべきことは、仕事をするのが簡単な業界ではないことです。 多くの眠らない夜、議論およびハードワークの日がある。 情熱を持たないと、自分の作品を完成させ続けている勤勉な人々には後れを取ってしまいます。 それにもかかわらず、カメラの後ろの世界は完全に経験するべき壮大な事である。 その価値を持って旅の各ステップを作る喜びおよび勝利の笑い声、涙がある。 このパスを始める前に知っておくべき映画制作の基本事項をいくつか紹介します: アイデアから始めます。  最も偉大な物語、映画、ドキュメンタリーは、一つのアイデアとして、あるいは誰かの脳で考えられ始めました。 映画製作の世界には創造的な心が必要だ。 あなたのディレクターか作家に情報および思考のひもからの物語を技術する機能があるべきである。 インスピレーションは、真の体験、現在の世界の状態などから生まれます。 映画作家として、考えられるフィルムの考えおよび場面のメモを書き留めることから始まることができる。 最終的に原稿を作成することに来るとき、考えのビットは傑作を作成するために容易に一緒に部分する。 作業する人を探します。 同じ創造的な心または思考プロセスを共有する人々を見つけることは堅いそれが有利であることを見つけるかもしれない。 また、アイデアを見て別の視点から作業する人と協力することもできます。 人とのつながりがあることはさておき、今後の仕事や役割に応じて誰かを思い浮かべておくこともできます。建設的な環境があれば、あなたのクルーはあなたが作ろうとしている映画を磨くのに役立ちます。あなたのビジョンを引き出すことができる有能なクルーと一緒に仕事をすれば、プロセスはずっと楽になるでしょう。 スクリプトを作成します。 アイデアを得たら、あなたの心の場面をペーパーに入れる時間かもしれない。 スクリプトを標準形式にして、自分と一緒に作業する人が簡単に理解できるようにします。 アクション、セリフ、シーンを精巧に。スクリプトとストーリーボードの後には制作全体が続くため、わかりやすくなければなりません。 重要なことですが、制作中にスクリプトを調整して改善することは問題ありません。 また、映画を大幅に改善できるため、俳優に即興でキャラクターを作るように依頼することもできます。 制作中に、さまざまなシーンを撮影して、作業するオプションを設定することもできます。 生産プロセス全体は、アイデアの作成フェーズとは大きく異なります。 多くの人々と仕事をしているときは、乗組員の仕事に注意を払うことを忘れないでください。 小さい細部を磨くことは芸術のよりよい仕事を作成することを導く

さぶの名作映画を知ろう

さぶの名作映画を知ろう   さぶは、1964年11月18日生まれの俳優・演出家。和歌山県では田中裕之として生まれたが、現在は「さぶ」というペンネームで親しまれている。1986年からは全国の映画界で活躍している。 キャリア 大阪のファッションスクールで学んだ後、プロのミュージシャンを目指して上京。1986年、映画『ソロバンズク』で初主演。1991年、大友克洋監督作品『ワールド・アパート・ホラー』で初主演を果たす。   最後に、 1996 年に『ダンガン・ランナー』というタイトルの映画を初めて監督した。 以来、業界に受け入れられてきた映画をいくつか公開してきた。 フィルモグラフィー これまでに16本の映画、テレビシリーズ、短編映画を監督し、10本の映画に出演しています。サブの代表作を紹介しよう: ダンガンランナー 本作は1996年に公開された佐武監督のデビュー作。この作品では、彼のトレードマークである風変わりなアクション・コメディ映画を早くも披露していた。通常は、他の行動よりも偶然や偶然の力に振り回されていくキャラクターの物語を描く。 ポストマン・ブルース 1997 年に公開された。 警察の刑事として虚偽に告発されたポストマンの物語を語るアクションコメディドラマ映画だった。 1999 年にイタリアで、 2003 年にブラジルでも発売されました。 1999 年の映画祭デュ・フィルム・ポリシエ・デ・コニャックでは、サブがニュー・ブラッド賞を受賞しました。 月曜日 この映画は 2000 年にリリースされた。 それは、高木の物語を描いたコメディドラマ映画でした。 彼は典型的なビジネスマンで、彼がそこにいかにの記憶なしで神秘的なホテルの部屋で突然目覚めることを見つける。 そして、「精製塩」は彼のポケットから落ち、彼は彼が大きい悩みにあることをわかるためにだけ曖昧な記憶を覚え始める。   この作品は、 2000 年ベルリン映画祭で FIPRESCI 賞を受賞した。 ハード・ラック・ヒーロー この映画は 2003 年に少年バンド V6 のためにリリースされた。 代表的なサビスタイルには、落語や高速追いかけるなどの要素が含まれています。 この映画は、タイボクシングの違法な試合から逃れる 3 文字を中心にしている。 ミス・ゾンビー この映画は 2013 年に公開され、同年の釜山国際映画祭でも上映された。 2014 年には、フェスティバル国際映画ファンデギュラルダーマーで大賞を受賞しました。   この物語は、ゾンビが使用人やペットになる未来に向けて展開されている。 …

さぶの名作映画を知ろう Read More »

SABU監督・脚本の新作「ハピネス」2016年秋以降公開へ、主演は永瀬正敏

「弾丸ランナー」のSABUが監督・脚本を担当した新作「ハピネス」の詳細が明らかになった。 「ハピネス」の監督・脚本を担当したSABU。 「ハピネス」の監督・脚本を担当したSABU。 SABUにとって長編劇映画14作目となる「ハピネス」は、活気を失った地方の町を舞台にしたヒューマンドラマ。人生でもっとも幸福な瞬間を思い出せるという奇妙なヘルメットを巡り、1人の男と町の人々が交流するさまを描く。 ヘルメットをかぶって町に現れる、謎めいた過去を持つ男・神崎を演じるのは、「あん」の永瀬正敏。神崎の過去に影響を及ぼした若者・井上役には、特撮ドラマ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」で主演を努め、俳優集団D-BOYSの一員でもある鈴木裕樹が起用されている。また町役場の職員・石田役で、お笑いコンビ・弾丸ジャッキーのオラキオが「天の茶助」に続いてSABU作品へ出演を果たした。 本作は映画製作レーベル、リブマックス・フィルムズの第1弾作品。栃木・足利市、栃木市で撮影が行われ、現在4月中旬の完成を目指してポストプロダクションを進行中。カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭などへの出品を視野に入れつつ、2016年秋以降の劇場公開を予定している。